パタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバーお勧めランキングトップ10(メイン通り)

      2016/12/31

ゴーゴーネット制作委員会があらゆる角度から、夜遊び用ホテルをご紹介!

バンコクのおすすめホテル  パタヤのおすすめホテル

タイのJF無料、宿泊ホテルのレビュー随時追加中!(前回宿泊ホテル追加)

バンコクのJF無料ホテルレビュー  ⇒パタヤのJF無料ホテルレビュー

 

本年は当サイトをご覧いただき、たくさんのご投稿もいただき、誠にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

本日は2016年最終日。大晦日ということで、2016年の締めくくりをしたいと思います。

今年初めからのカテゴリー別でのアクセスランキングです。

2017年のタイの夜遊び旅行の参考にしてください。アクセスランキングですので、より多くの人がその店舗に興味を持っているのが分かるので、とても参考になりお勧めです。

 

バカラ

パタヤのウォーキングストリートのゴーゴーバーお勧めランキングトップ10

1位 Baccara A GOGO バカラ

当然の結果といえますね。2位とは倍近くのアクセスの差をつけての堂々の1位となりました。日本人好みのゴーゴー嬢の数が多いことと、近年大流行のコヨーテのようなペーバー代の高騰が無いのが良い所です。しかしながら、人気の高騰に釣られて「スレ嬢」の増加報告も増えてきていますので、注意も必要です。それでも、日本人にとっては、バカラを凌ぐゴーゴーバーは当分出ては来ないでしょう。

 

2位 Happy A GOGO ハッピー

こちらの2位の「ハッピー」は、3位の「センセーション」と非常に僅差の結果となりました。2位と3位がいつ入れ替わってもおかしくないような状態です。昔からハッピーグループの旗艦店として「No1 gogo bar」の看板を掲げていますが、1位の座を数年前から「バカラ」に譲りながらも、超がつく人気店を維持しているのは流石です。日本人好みの人気嬢が「バカラ」などに客を連れて移籍して行っているのが気になるところですが、日本人には安定的な定番ゴーゴーバーなのは変わらないでしょう。

 

3位 Sensations A GOGO センセーションズ

こちらは、オープンから4年程が経過しましたが、未だに人気は衰えず、コヨーテの嵐を巻き起こしたといえるゴーゴーバーでしょう。コヨーテダンサーの数が半端なく多く、日本人よりもファラン向けの盛り上がりであるものの、日本人向けのゴーゴーバーでは決して味わえない楽しさがあります。来年も間違いなくパタヤのゴーゴーバーを引っ張っていく存在になるでしょう。

 

4位 Ginza A GOGO ギンザ

ここに「ギンザ」が入ってきました。この店と、5位の「エアポート」は非常に僅差でどちらが4位に入ってもおかしくない状況です。小型店舗である「ギンザ」がこの上位に食い込んでくるのは正直驚きです。それだけ日本人から注目を受けているのでしょう。可愛いダンサーなどは大型店に集まりやすい中、来年もこの注目度を維持できるのか非常に楽しみです。

 

5位 Air Port Club エアポートクラブ

ここにウォーキングストリートのバカ騒ぎの名店がランクインしました。正直「センセーション」オープン辺りから、人気嬢がハッピー系列に大勢移転したり大変だなと感じていましたが、堂々のトップ5入りです。大型店では味わえない、エロ遊びありの超ハイテンションでパタヤを楽しむには非常に最適なゴーゴーバーです。細かい事は気にせずテキーラ祭りをしてください。

 

6位 Sugae Baby A GOGO シュガーベイビー

ここで、ウォーキングストリートのメイン通り随一のエロゴーゴーバーである「シュガーベイビー」が入ってきました。どうしてもメイン通りではエロエロゴーゴーバーは営業し辛いのでしょうが、激しいエロ遊びが出来る事で人気を集めています。ゴーゴーバーに慣れていない人なら、笑みが止まらないだらしない顔を、終始友人に見せてしまうことになるでしょう。パタヤらしいエロの名店舗です。

 

7位 Palace パレス

ここで日本人好みのダンサー比率が非常に高くなってきて、満員御礼が続いている「パレス」が入ってきました。6位と差はほとんど無いのですが、個人的にはもっと上位にランクインされるかと思っていたのですが。それぐらい、最近のダンサーレベルに客入りを見ていると人気が高いと感じます。短期旅行者などは、必ず訪問するべきゴーゴーバーのひとつと言えるでしょう。

 

8位 Crazy House A GOGO クレージーハウス

8位には「クレージーハウス」が入りました。バンコクはソイカウボーイの超人気店舗と同名のシャーク系列のゴーゴーバーになります。ソイカウボーイの店舗とは無関係ですが、店内はエロの全裸に非常に近い雰囲気を作り出しています。全裸でのだっこちゃん接客など、エロい日本人の心を分かっています。どちらかと言えばファランよりのノリですが、パタヤらしいエロ遊びで楽しめるゴーゴーバーになっています。

 

9位 Skyfall スカイフォール

オープンからに二年程が経過した新目のゴーゴーバーです。細長い店内に白のダンサー衣装で流行のコヨーテの大量採用のゴーゴーバーです。ダンサー数が多いので、粘れば好みの嬢も見つかるので、短期旅行者にもお勧め。それにコヨーテを両側に侍らせて、ドンちゃん騒ぎをするのはそれなりの出費にはなりますが、日本と比べると納得のコスパと言えるでしょう。

 

10位 Alcatraz A GOGO アルカトラズ

最後の登場は「アルカトラズ」でした。最近足が遠のいており、私自身のレポートがないにもかかわらずのランクインです。オープン当初は、設備やダンサー数など衝撃的で、良く通っていた思い入れがあるゴーゴーバーなので、何故か嬉しく感じてしまいます。開放的な空間で、のびのびとゴーゴーバーを満喫できる優良ゴーゴーバーなのは変わっていないようですね。

 

以上が、2016年のウォーキングストリートのメイン通りのアクセスランキングになります。上位は簡単に予想がつきましたが、その後は中々面白い結果になっていると個人的には感じました。番外編として、トップ10に入らなかったが、管理人が注目しているゴーゴーバーも少し紹介して置きます。

 

管理人が2017年注目するおすすめゴーゴーバー

Runway ランウェイ

小型のゴーゴーバーであるものの、その小さな店舗を逆に利点にしているかんじがあり、非常に密度の高い「量より質」感を感じられるゴーゴーバー。ロキシーの流れをくんでいるので、日本人向けのラインナップになっており、大型ゴーゴーバーには無い凝縮感がおすすめ。

 

Fahrenheit A GOGO ファーレンハイト

特段飛びぬけたところは見つけにくいですが、常に「中の上」と中間よりも少し上のレベルをキープしている感がある。超がつく人気ゴーゴーバーで見つからないときなどに覗いてみると、思わぬ出会いが待っている可能性の高い定番ゴーゴーバー。

 

The Iron Club アイアンクラブ

美人なモデル系が好きな人には超おすすめのゴーゴーバー。正直トップ10には入ってくると思っていたが、少し「高額」なイメージが先行してか、敬遠されている感がある。ダンサーレベルはパタヤでもトップクラスに来ると思うので、覗かないのは非常にもったいない。

 

Bliss ブリズ

今年途中のオープンだったのでアクセスランクには入らなかったが、2017年は要注目のゴーゴーバーになるだろう。ダンサーレベルも日本人向けが多く在籍していて、パレスが好きな人は訪問して損はない。来年のランクインはほぼ間違いなさそうな勢いである。

 

その他、ウォーキングストリートのゴーゴーバー口コミ情報は⇒こちら

 

大人の生活ブログ  ⇒タイナイトライフ情報(ノンアダルト) 人気ランキング

 

 - パタヤのゴーゴーバー, 管理人が選ぶベスト5 , , ,