動画付き!最新JF無料宿泊パタヤのホテルレポート3軒作成。

   

ゴーゴーネット制作委員会があらゆる角度から、夜遊び用ホテルをご紹介!

バンコクのおすすめホテル  パタヤのおすすめホテル

タイのJF無料、宿泊ホテルのレビュー随時追加中!(前回宿泊ホテル追加)

バンコクのJF無料ホテルレビュー  ⇒パタヤのJF無料ホテルレビュー

 

ホテル2

管理人が2016年4月と6月7月にパタヤ滞在時に宿泊した、JF無料のホテル三軒の動画とレビューページを作成しました。

すでにお盆ですが、お盆後半のホテル選びや、シルバーウィークなどの参考にしてください。

 

LK メトロポール ホテル (LK Metropole Hotel)
LK メトロポール ホテル (管理人れビュー)

近年のソイLKメトロの躍進を考えると、このLKメトロポールの立地は、パタヤの数ある夜遊びホテルの中でも最強と言えるかもしれない。一日二日の滞在で、ウォーキングストリート以外は行かない人は別であるが、多くのパタヤ好きにとっては最強の立地と言っても過言ではないであろう。

ホテルの設備など全体的な古さは否めないが、今回宿泊時の込み込み1,600Bはコスパは良いと感じる。しかし、パタヤ好きの大半の人たちが、訪れるたびに価格の低いホテルに移動して行くのが現状なので、私も含めてパタヤ好きには価格が一番のネックになっている。

この近辺には、ソイブッカオの「ケッティシリー」(管理人レビュー)や、ソイレンキーの「ノーブルプレイス2」(管理人レビュー)など、激安ホテルが多くあるからである。しかし、そんなホテルに泊まりなれている私でも、コストパフォーマンスで見ると非常に優れていると感じる優良ホテルである。

それに、超がつく有名ホテルなので、パタヤ慣れしていない人や、言葉に自信がない人でも安心して泊まれるのも良い所だろう。バイタク利用時なども、非常に位置を説明しやすい。それに、ゴーゴーバーなどでペーバーした嬢なども、激安アパートへ連れて帰るよりも対応が変わるかもしれない。

もっと詳しく詳細を見る⇒こちら

 

 

マーチ ホテル (March Hotel)
マーチ ホテル (管理人れビュー)

今回宿泊時には ホテル税やサービス料込みの 1,000Bと驚きの低価格であった。しかも、オフシーズンであれば、900B程で泊まる事も可能なのでチェックして損はないだろう。場所以外は新築で、広さに設備、それにスタッフのサービスなど、非常にコストパフォーマンスの高いホテルである。

しかし、バイタク利用か、レンタルバイクが必須になるので、パタヤに慣れていない人にはおススメはし辛い。パタヤ慣れするまでは「LKメトロポール」(管理人レビュー)などのLKグループの方が価格は高いがコスパは高く感じそうだ。しかし慣れてくると、この「マーチホテル」や「オーガストスイート」(管理人レビュー)などに泊まってほしい。

場所的には若干の不便を感じるかもしれないが、価格と設備を考えると、LKグループにも負けないコストパフォーマンスを感じるはずである。その浮いたお金でより一層の夜遊びに励むのがパタヤ好きの第一歩なのかもしれない。

価格を抑えたいが、最低限のホテル滞在を求める人向けの優良ホテルである。

もっと詳しく詳細を見る⇒こちら

 

 

モザイクラグジュアリーアパートメント (Mosaik Luxury Apartment)
モザイクラグジュアリーアパート[F棟 1 ベッド] (管理人れビュー)

友人の定宿なので、このモザイクの部屋は大半を知っているが、今回のF棟の1ベットルームが一番広く高級に感じる。恐らくゴーゴー嬢などを連れ帰ってくると、オキニなども驚くだろう。このホテルで一番好きなところは、知り合いの女の子やその友達達と部屋飲みで騒げるところである。

普通のホテルと違い、若い頃に友達の部屋でワイワイ明け方まで遊んでいた頃を思い出せる場所と言える。短期旅行で毎回新規のペーバーブンブンを目的とする人は、同じ価格帯でも普通にホテルに泊まった方がスマートであるが、知り合いが多い人や、特定のオキニがいる人にはお勧めできる。

良くも悪くも一般的なホテルとは違うので、気心の知れた者同士でダラダラ沈没する「パタヤ」には打ってつけのホテルである。気がつけば、オキニの友達が常に出入りする「たまり場」となっているのもパタヤの醍醐味のひとつである。

もっと詳しく詳細を見る⇒こちら

 

大人の生活ブログ  ⇒タイナイトライフ情報(ノンアダルト) 人気ランキング

 - バンコク・パタヤの格安ホテル, 動画ムービー , ,